佐賀歯科衛生専門学校
専門学校公務員ゼミナール
アイビービューティカレッジ
西九州大学佐賀調理製菓専門学校
九州医療専門学校
佐賀コンピュータ専門学校
佐賀工業高校
西九州大学佐賀調理製菓専門学校
佐賀歯科衛生専門学校
九州国際情報ビジネス専門学校
九州国際情報ビジネス専門学校
佐賀コンピュータ専門学校
アカデミー看護専門学校
佐賀工業専門学校
アカデミー看護専門学校
佐賀工業専門学校
九州国際情報ビジネス専門学校
専門学校公務員ゼミナール
アイビービューティカレッジ
佐専各

佐賀の専門学校 進学ガイド

佐専各/させんかくとは

佐賀県専修学校各種学校連合会(佐専各/させんかく)は、佐賀県の専門学校・高等専修学校・各種学校が加盟する団体です。
佐賀県の学校が協力し、より良い教育の提供のため活動しています。
また、専門分野を目指す皆様に、正確な情報提供や進路探しのサポートを行っています。

大切な進路選び!
佐賀の専門学校をしっかり確認して、後悔しない選択をしよう!
進路選びは正しい情報を集めることからSTART!

佐賀の専門学校の資料請求やオープンキャンパスの申し込みができる進学応援サイトです。中高生はもちろん、資格取得を目指す社会人の皆様もご活用ください。

手に職をつけるので、時代の変化に対応できる安心感!

メガバンクですら大量に人員削減をしている時代です。野村総研は10~20年後に国内労働人口の49%に当たる職業について、人工知能やロボットで代替される可能性が高いと推計しています。
知識だけの仕事はAIに、技術だけの仕事はロボットに変わってしまうかもしれません。
専門学校は、職業訓練を行う学校です。専門領域の技能に加え、複数の資格取得や、コミュニケーション力、クリエイティブな感性を身につけます。時代の変化に柔軟に対応する能力を身に付けられるのがメリットです。

都市部の学校に比べて、地元佐賀の専門学校はコストパフォーマンスに優れています。

都市部の学校は広い地域から学生を集めるために宣伝費がかかります。また、学生が多いと校舎や設備の維持管理費も高くなります。宣伝費も設備費も学費に含まれているので結果的に学費が高くなります。しかし、佐賀の学校は地元密着で広告費が少なく、少人数制の学校が多いので、過剰な設備が必要ありません。結果的に学費が安いのが特徴です。それに、少人数制の授業は、一人ひとりの学ぶ時間が多いので、コストパフォーマンスが高いと言えます。

佐賀の学校の多くは、少人数制が基本!学ぶ密度が違います!

一番の違いは、授業が少人数で行われること。一人でどんどん進んで行ける自信があれば、大人数の学校でも大丈夫だと思います。少し不安な人には、マンツーマン指導の、佐賀の学校がお勧めです。分かるまで、できるまでしっかりサポートしてもらえます。また、都会と大きく違うのが、自動車やバイク通学ができる学校があること。都会の学校では自転車通学もダメな場合があります。

佐賀はもちろん、福岡も関東も関西も就職の心配はありません!

佐賀の専門学校は、全国的にも求人の多い分野の学校が中心ですので、九州だけでなく関東や関西からも求人が来ます。少人数制なので、学内選抜もほとんどなく、希望する企業を受験できます。就職100%だけでなく、満足度も高いのが特徴です。

国家資格や公務員合格の実績を比べてください!

国家資格の取得だけならどこの学校で学んでも同じです。合格率を比較すれば差がないのが分かります。その上で、少人数制で実践的に学べるのが人数の多い都市部の学校との違いです。オープンキャンパスで実際に確認してみて下さい。

働き方も変化する時代。専門技能を基本に、ハイブリットな人材を目指しましょう!

例えば、
・自動車整備士とアジャスター資格をもつ保険調査員
・美容師・理容師の両方の資格をもつマルチスタイリスト
・看護師と助産師の資格を持つ医療従事者
複数の資格を持つことで、なくてはならない人材として高収入が見込めます!

プログラマーやシステムエンジニアがIT企業に就職するとは限りません。

・大手企業のシステム部
・医療関係企業で、電子カルテや遠隔医療のシステム管理
・通信関連・製造業・保安関係企業など
規模の大きな企業では、専門技能を持つ人材が活躍できる場がたくさんあります。

後悔した人には共通する部分があるようです。

・都会に憧れて学校の内容は二の次だった。
・学校の大きさやパンフレットだけで決めてしまった。
・目標が曖昧のまま憧れやイメージで決めた。
・自分の想いよりも周囲の意見を優先させた。
進学後に後悔している人は、見た目の良さやイメージで決めた人が多いようです。進路選びは、将来どんな生き方をするかを選択するのと同じです。先入観を持たず、高校1・2年生のうちから早めに情報を集めるのがお勧めです。
オープンキャンパスに積極的に参加して、本当に学びたい分野か、自分に合っている学校か、必要以上に進学費用がかからないか確認しましょう。

経済的理由で進学を諦めないで!

「高等教育の修学支援新制度」

返済の必要がない「給付型奨学金」と「入学金・授業料減免」の支援があります。